お米の通販・直販、餅米、大豆、食用ほおずき販売。有限会社だんだんは地元の有志で立ち上げた、笠木の農業を受け継ぐ会社です。

誇りと旨みがたっぷりのお米と愛情と栄養が、たっぷりの野菜たち。

商品紹介

だんだん米 コシヒカリ

だんだん米 コシヒカリ(1)

装飾:稲穂甘み・旨みとも有名ブランドにまったくひけをとりません。
知名度は低いですが関西の米屋さんから「まぼろしの産地」と
言わしめた自慢の米です。

特徴

 寒暖差のある高冷地で、豊かな自然環境と肥沃な土地が揃った「鳥取の米どころ」で栽培される「だんだん米」。あえて有機とか○○農法といった消費者心理を惑わすような表現は避け、「消費者の舌で評価」して頂く、「正直者な米づくり」が信条です。勿論、現代の栽培方法、施肥技術及びコスト削減等は研究しながら栽培してはいますが、大切にしているのは化学肥料の乏しかった祖父、親父の頃からの「土作り」技術の基本です。これを機械化したのが私たちの米作りです。如何に真似をしても、如何に飾り言葉を使っても、良質米生産好適地という「天から授かった豊かな自然環境」だけは真似は出来ません。「自らが主食とし、可愛い孫子に食べさせる安心なお米」、「私たちの保有米を皆様にお裾分けする」という気持ちです。
 また、恵まれた土地に頼るだけではなく、魚沼産コシヒカリに負けないことを実証するために、魚沼コシヒカリ栽培リーダーを訪ねて交換・持ち帰りする等、米づくりへの情熱とこだわりを持ち、日々研究をしています。是非、私たちの自慢の米「だんだん米」をご堪能ください。
 だんだん創立者は鳥取県の有機減農薬による特別栽培米の山間地での実証栽培のリーダーでもありました。(写真)

  • だんだん米 コシヒカリ(2)
  • だんだん米 コシヒカリ(3)
  • だんだん米 コシヒカリ(4)
  • だんだん米 コシヒカリ(5)

大豆

大豆(1)

装飾:稲穂

特徴

 だんだん創立以前、笠木営農組合が平成8年から水田の集団転作団地の転作対策作物として始めた大豆栽培を承継しています。転作対策として作付圃場の選別が出来ないので、条件不利な圃場も多く、単位面積当たりの収量は低いですが、だんだん創立目的に集落営農の実働部隊という目標もありますので条件不利の中でも頑張って栽培しています。品種はタマホマレですが、自家加工を視野に将来的に青大豆にシフトするように進めています。

【大豆栽培の一年】
○6月上旬 播種作業(写真上)
圃場を耕耘しながら平畝を作り播種と施肥を同時作業で行います。
○6月下旬 発芽(写真中)
これから開花して着鞘していきます。
○11月上旬 収穫(写真下)
コンバインにより収穫をし、刈り取った物を乾燥機に搬入し、乾燥後撰粒します。

  • 大豆(2)
  • 大豆(3)
  • 大豆(4)

ピーマン

ピーマン(1)

装飾:稲穂

特徴

 野菜の基幹品目としてピーマンに取組んで7年になります。弊社の経営の一環としてのみでなく、日南町内のピーマン農家が安心して生産できる様に「特定野菜等供給産地育成事業」対象産地の継続を強く意識して規模拡大を図ってきました。
 創立メンバーの中に酪農家が居るため、有機肥料として牛糞堆肥をふんだんに使用して「肉厚で甘味を感じられるもの」の生産に心がけております。
 選果を厳しくしており、今では市場においても競りを待つことなく、先取りをされるまでに品質と生産者としての信頼を得るまでになりました。

  • ピーマン(2)
  • ピーマン(3)

食用ホウズキ

食用ホウズキ(1)

装飾:稲穂

特徴

 地元特産品として食用ホオズキに挑戦しています。栽培技術の習得を目指し3年ほど「趣味の園芸」の域でしたが、結婚式場を運営する会社から契約栽培の申し出があったのを機に好評を博し、一挙に引き合いが増え定着させることが出来ました。原産地は南米ペルーとも言われております。古くから薬草として、又日本では観賞用のイメージが強いですが、欧米では高級フルーツとして生食、サラダ、デザートの材料として扱われています。豊富なビタミン等で健康食材として扱われておりますが、最近では含まれる「イノシトール」がアンチエイジングとして女性に人気です。生食で甘酸っぱい独特の味もお楽しみ頂けます。

  • 食用ホウズキ(2)
  • 食用ホウズキ(3)
  • お米づくり
  • 商品紹介
  • 通販・直販
  • お知らせ
  • 農家レストラン アメダス茶屋
  • 坪倉シェフのレシピ日記